大阪市城東区鴫野東の「医療法人 しぎの眼科」です。当院はJR学研都市線、地下鉄今里筋線「鴫野」駅北隣りにございます。視力低下、眼精疲労、眼の病気(白内障・緑内障など)でお困りの方、眼鏡・コンタクトレンズ処方など、お気軽にご相談ください。

診療のご案内

診療内容

診療内容についてしぎの眼科では、幼児から高齢者まであらゆる年齢のさまざまな眼の病気について、地域のかかりつけ眼科として診療しています。
症状によっては連携医療機関への紹介を行っておりますので安心してご来院ください。

眼科一般診療

各種症状について

次のような症状のある場合は、放っておかずに出来るだけ早めに受診してください。

  • 充血する
  • 目やにが出る
  • ものが見えにくい(視力低下)
  • 眼が乾く、しょぼしょぼする(ドライアイ)
  • かゆみがある(アレルギー性結膜炎、花粉症)
  • 眼が痛い(眼痛)
  • まぶたが腫れる、めばちこ、ものもらい(麦粒腫)
  • コロコロとした異物感がある
  • 黒い物が飛んでいるように見える(飛蚊症)
  • 眼が疲れる、疲れ目(眼精疲労)
  • 学校検診で眼科受診を指示された
  • 人間ドックや職場健診などで眼科受診を指示された
白内障
白内障は、水晶体に濁りが生じることで起こる眼の病気です。
水晶体に濁りが生じると、眼に入ってくる光が網膜に届くのを邪魔し、ものがぼやけて見えることになります。
早い方では40代から徐々に濁りが生じますが、実際に白内障と診断される状態になるのは60代以降の場合が多いです。
白内障の初期症状の場合は、点眼治療により進行を遅くするなどの治療を行いますが、症状が進行している場合は水晶体を眼内レンズに置き換える手術が必要になります。
手術が必要な場合は、連携医療機関を紹介しますのでご安心下さい。
緑内障
緑内障は視神経が何らかの理由で正しく機能しなくなり、視野が徐々に狭くなる眼の病気です。
一般的に進行が遅く、自覚症状を感じることはほとんどありません。
出来るだけ早く発見することで、症状の進行を抑えていく必要があります。
通常は点眼薬で進行を防ぎますが、定期的に眼圧検査、眼底検査、視野検査を行い観察を続ける必要があります。
手術が必要な場合は、連携医療機関を紹介しますのでご安心下さい。
加齢黄斑変性
網膜の中心部の黄斑という部分に異常(変性)が生じる眼の病気です。
黄斑では、ものの大きさ・形・色、空間の奥行きなどを識別しており、ここに異常が生じると徐々に視覚を失っていきます。
出来るだけ早期に発見し、症状の進行を遅くさせることが重要です。
症状が進行した場合は、レーザーによる治療が必要になります。
糖尿病網膜症
糖尿病の合併症として、網膜の毛細血管に異常が生じる眼の病気です。
治療を受けずに放っておくと失明する危険がありますが、早い段階で発見することが出来れば失明する可能性を低くすることが出来ます。
糖尿病を発症すると、血液中の糖が増えサラサラと流れない血液になります。
このような血液が、網膜の毛細血管を詰まらせたり、流れを悪くさせることで網膜への酸素や栄養が循環しなくなります。
特に詰まりが大きくなると、毛細血管が破れて出血することになり、それが原因で失明することがあります。
出来るだけ早期に発見できるよう、定期的な検査を受けて頂くことが大事です。
飛蚊症
視界に小さな浮遊物が飛んでいるように見える眼の病気です。
原因は複数あり、他の眼の病気や、加齢、生理的なものであったりと様々です。
加齢、生理的な原因による飛蚊症は心配は不要ですが、希に網膜裂孔や網膜剥離、硝子体出血などが原因の場合があります。
飛蚊症かな?と思われたら、まずは眼科を受診してください。
アレルギー性結膜炎
アレルギー反応が原因で生じる眼の症状です。
花粉や動物の毛、コンタクトレンズの汚れなどが主な原因で、眼の充血、かゆみ、ゴロゴロとした異物感、涙、目やにが生じます。
通常は抗アレルギー点眼薬が主に使用されますが、症状がひどい場合はステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用して症状を抑えます。
眼精疲労
日常的に眼を使う作業を行っていることで、眼の痛み、目のかすみ、充血などが生じたりするなどの眼の症状です。
また、眼以外にも頭痛、肩こり、吐き気などの症状が生じることもあり、眼を安静にしても回復しづらい場合があります。
白内障や緑内障などの眼の病気による場合や、ストレスや環境による場合など、原因はさまざまです。
ドライアイ
 涙の分泌量が低下したり、成分に異常が生じ、眼球の表面を潤すことが十分に行えなくなった状態をドライアイといいます。
涙の成分バランスに異常が生じると、涙の蒸発が早くなったり、眼球の表面に傷がつきやすくなったりします。
眼の乾燥だけではなく、ゴロゴロとした異物感や眼の痛み、まぶしさなどの眼の不快感なども発生し、無理をした眼の仕様が続くと視力の低下につながります。

初診の方へ

受診前に用意していただきたいもの

初診の方へ
  • 健康保険証
  • 使用中のお薬またはお薬手帳
  • お使いになっているメガネ
  • コンタクトレンズ(使い捨ての場合は規格の分かるもの)

当院でできる検査

  • 視力検査
  • 眼底検査
  • 眼圧検査
  • 視野検査
  • 色覚検査
  • 白内障検査
  • 加齢黄斑変性検査

各種コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズコンタクトレンズの処方に関する検査を行います。

眼鏡処方

眼鏡メガネの処方に関する検査を行います。

眼の健康相談

眼の健康相談学校や会社の健診で視力の低下を指摘された場合や、ご自身が生活する上で眼の異常を感じた場合は、お気軽にご相談ください。

眼科検診

眼科検診年齢を問わず、定期的に眼の検診を受けていただくのが理想ですが、40代以上の方は特に眼の老化が顕著になってきますので、出来るだけ1年に1回は眼科検診を受けるようにしてください。
眼の病気や異常も他の身体の部位と同じく、早期発見・早期治療が大切です。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
09:00~12:00
16:30~19:30

※午後の診察受付は、19:00 まで

休診日土曜午後、水曜、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒536-0013
大阪市城東区鴫野東1-13-10
小竹クリニックビル4階

JR学研都市線、地下鉄今里筋線「鴫野」駅 北隣り

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6965-5255
PAGETOP
Copyright © 2018 医療法人 しぎの眼科 All Rights Reserved.